性能表示

ルネスマンション 性能 - ルネス工法技術のご紹介

 
ルネス施工技術のご紹介


広い床下収納のご紹介

どのようにして床下空間を確保したのか?

ルネス工法技術のご紹介

入居者に受け入れられるアパート・マンションとするために、一戸あたりの住空間を広げれば戸数が制限されます。 一方で一戸あたりのスペースをそのままで居住空間か収納スペースを広げると、どちらかが狭くなります。この課題を解決するために、私たちは梁を天井ではなく床下に設置する逆梁工法を、さらに発展させたルネス工法を開発しました。

在来工法
梁が天井にある一般的な工法

逆梁工法
梁を天井ではなく、床下に設け、床を多くの「束」で支える構造

逆梁工法のデメリットを解決する工法、それがルネス工法です。
私たちは、これからの集合住宅の主流となる「スケルトン&インフィル構造」に最適といわれる逆梁工法をさらに進化させ、これまでにはなかった独自の新発想、ルネス工法灯を開発しました。床下約60㎝もの広大な空間を生み出したルネス工法は、入居者にも大家族にも様々なメリットを提供します。
逆梁工法に加え、床を束ではなく軽量ビームで支える構造(逆梁工法と同様のメリットを共有)


長期に亘って建物資産価値を維持




スケルトン住宅をもっと知りたい方はこちら
今、国土交通省では、SI(スケルトン・インフィル)工法という建築手法を推奨しています。

パンフレットPDFダウンロード





PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されている プラグインが必要です。