お知らせ・ニュース

㈱デコスが第2回カーボン・オフセット大賞優秀賞を受賞しました。


㈱デコスが第2回カーボン・オフセット大賞優秀賞を受賞しました。
2013年1月25日、安成工務店グループの㈱デコスは、カーボン・オフセット推進ネットワークが主催する「第2回カーボン・オフセット大賞」において、「近くの山の木でつくる、省CO2で心地よい木の家プロジェクト」を提案し、優秀賞を受賞いたしました。
◆CO-Net/第2回 カーボン・オフセット大賞受賞団体のお知らせ
http://www.carbonoffset-network.jp/news.html?id=304

本プロジェクトは、(株)安成工務店 、(株)エコビルド、(株)トライ・ウッド 、(株)デコス の4社協働による、木の家づくりにおいて、経済産業省及び関係省庁が推進する「カーボンフットプリント(CFP)を活用したカーボン・オフセット製品」試行事業に基づき、上棟する物件に使用する建築用断熱材「デコスファイバー」のライフサイクル(原材料調達、生産、流通、使用・維持管理、廃棄・リサイクル)全体における温室効果ガス(GHG)排出量に対してカーボン・オフセットを実施する取組です。

この取組によりオフセットされたデコスファイバーは、「実質排出ゼロ・カーボン断熱材」となります。

・デコスファイバーは、主原料にリサイクル材である新聞紙を使用し、生産工場の動力エネルギーは重油や石油などの化石燃料を使わずにすべて電力を利用。

・さらに輸送手段にはモーダルシフト(JR貨物)を積極的に活用するなど、ライフサイクルCO2の排出量削減に取組んでいます。

・また、デコスファイバーは2011年11月に日本で初めて建築用断熱材としてCFP認証を取得し、2012年12月「カーボンフットプリント(CFP)を活用したカーボン・オフセット製品」試行事業に採択されています。

デコスは引き続き、建築分野における省CO2排出の意識向上と、「実質排出ゼロ・カーボン断熱材」を活かした木造建築にて低炭素社会構築により一層取組んで参ります。
shiryoseikyu-k_03

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。